エントリーシートの使い方

Pocket

ELL85_takaonotonel20140904165524_TP_V

企業はエントリーシートをどのように使うと思いますか?

一生懸命書いたエントリーシートだから当然じっくり読んでもらえていると思うかもしれませんが、実際には面接前にじっくり読むことはほとんどありません

紙に書いてある情報を読んで合否を判断するよりは、実際に面接した方がその人のことを判断しやすいからです。読んでいたとしても軽く目を通しただけという場合がほとんどなので、自己PRをするときなどに「エントリーシートにも書いていますが〜、」という前置きは必要ないです。

とはいえ、面接前に読まれないからエントリーシートは適当でいいかというとそうではありません。

面接後に複数の候補者の中から次の選考に進む人を選ぶ場合等に、面接でのメモやエントリーシート・履歴書に書いてある情報をもとに会議を行うことがあります。

エントリーシートは入り口? 出口?

エントリーシートという名前から入り口で使うものと思いがちですが、実際は最終面接までついてまわるものです。企業によっては入社後の人事にも活かされる場合もあります。

「入口」ではなく「出口」という認識の方が正しいかもしれません。面接前にほとんど見られないからといって、あまりにも手を抜いていたら最初の段階で落ちてしまいますし、最終面接で複数の候補者の中から決め手になるように書くべきです。人事担当者の最終的な判断基準は、「その候補者を社長に推薦できるかどうか」ということです。最終的に採用・不採用の決定権は社長にあります。

エントリーシートを作成するコツとしては、その企業の人事担当者ではなく社長に見せるために書くということです。

エントリーシートは入口ではなく出口

それを知っているかどうか、意識するかどうかで、書くべき内容は変わってくると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です